行政書士 独学合格講座

一般知識の学習

【一般知識の学習】

ここで、恐ろしい科目の一般知識についてご案内します。

 

問題数14問(@4点) 満点56点 の試験科目です。
(足切り不合格24点未満)

 

足切り制度となっています。総合点で合格点に達していても、この科目で24点以上獲得しないと不合格になります。

 

つまり、14問中、6問を正解しないと一発不合格です。

 

一般知識の出題範囲は広く、的を絞った学習は不可能です。
私も一般知識対策の良書を探しましたが無理でした。

 

しかし、例年出題される範囲を絶対に学習しておかなければなりません。

 

@文章理解       
A個人情報保護法
B行政個人情報保護法
C公文書保護法
Dマイナンバー法
上記を押さえておけば、5問は獲得できます。
残り9問で1問正解を目指します。

重要ポイント

文章理解は3問出題されます。過去問で練習してください。
最初は、さっぱりわかりませんが、コツをつかむと正解できるようになります。
慣れてくると、全文を読まなくても、文脈で正解できるようになります。

 

これを練習しておかないと試験本番では、絶対に時間が足らなくなります。
必ず、練習してください。

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
次ページから、具体的な学習の方法をご案内します。
まず、テキストの読み方です。
次ページ「テキストの読み方」



このエントリーをはてなブックマークに追加
 
<スポンサーリンク>

page top